スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツチトリモチ

2016/12/06 Tue

先日、高知に植物を見に行ってきました。
ツチトリモチ
パッと見、キノコと思ってしまいそうですが、
ハイノキ科の植物に寄生する植物・ツチトリモチです。

そして、これを見たら、「花はどこ?」と思いますが、
表面の赤い突起に覆われて外からは見えません。
断面を見ると、黄色い細かな物体が多数ついていて、
それが雌花ということです。
でも、個体数が多くないので、断面を見ることは断念。

さらにすごいことに雄株は見つかっておらず、
雌株のみで単為生殖して種子がつくれるそう。すごいですね~
いつか雄株が発見される日が来るのでしょうか?
それとも、雄株は淘汰されてもうないのでしょうか?
すごく気になるところです。
スポンサーサイト

シラキ

2016/11/25 Fri


最近はめっきり紅葉がキレイになってきました。
紅葉と言えば、モミジの仲間がキレイですが、
先日ハッとするほど美しい紅葉に出会いました。


でも、この葉だけで紹介するのは、あまりにもナンなので、全体が見える木をパチリ。
シラキ黄葉
日当たりがあまり良くないと赤くならないようですが、黄色の葉もキレイです。
山地の落葉樹林内などに生えます。
普段は地味で見分けるのが苦手な種ですが、
紅葉したら、「あ、シラキだ」とわかります。

ちなみに、名前の由来はこの白い幹から。
シラキ樹皮
ツヤツヤの色白木肌でした。

タラヨウ

2016/11/20 Sun


タラヨウがたわわに実を着けていました。
タラヨウ

タラヨウと言えば、ハガキの木と言われ、
先のとがったもの(竹串とか)で葉の裏に文字を書くと黒く残る性質があるため、
文字を書いて送っていたそうです。
タラヨウにお元気ですか?
やってみると、ちゃんと文字が浮かび上がりました。
モチノキ科はライターであぶると黒くなる(死環)のが特徴ですが
タラヨウはそれが表面を傷つけただけで現れることによります。

ハガキが葉書という漢字を書くのも、葉に書くことに由来しているとか、
大きな郵便局には植えられているとか、ちょっとしたトレビアもあります。

ちなみに、定形外なので送るのには120円かかるようですが、
ちゃんと届くようですよ。
ラブレターは星野道夫のハガキよりタラヨウかなとも思いました。

ヤマラッキョウ

2016/11/19 Sat

最近、全然更新をしていなかったので、ブログのことを忘れかけていましたが、
はたと思いだし、更新します!
姪っ子ごったくで忙しい日々でしたが、今日は久々に家族が出払って、
一人晩酌の時間が持てています♪

もう花の少ない時期ですが、咲いていました。
ヤマラッキョウ
背景の枯葉に花の紫色が溶け込んでしまっていますね…
ヤマラッキョウアップ
アップにするとこんな感じ。今度はちゃんと紫色の花が見えて、ホッ。

たくさんの花が茎の先端に集まって咲いていて、
丸いぼんぼりのように見えます。
おしべ、めしべともに花被片から突き出ていて、
おしべの黄色の葯がアクセントになっているなぁと感じます。

ダンドボロギク

2016/09/13 Tue


最近、私の周りでよく目にする外来種。

去年は2、3本だったのに、今年は同じ場所で50本位あります。

地味ですが花のアップ。

少しすると、綿毛のついた種子ができ、
ホロホロと飛んで行きます。
植物の広がるパワーってすごいな~としみじみ。

検索フォーム
カレンダー&アーカイブ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

イトチ♪

Author:イトチ♪
歳をとったためか記憶力に一抹の不安を感じる今日この頃。野外での記録などを忘れないために記していきます。
ド田舎での一人暮らしを経て、現在は大都会の実家に戻ってきました。
趣味は読書。好きなものはお酒。

最新記事
カテゴリ
gremzで苗を育成中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。